commemorative Lecture   (記念講演)


近畿大学水産研究所の養殖研究と近大マグロ

近畿大学水産研究所
 所長・
特任教授
 升間 主計

近畿大学水産研究所(以下、近大水研)は、初代総長世耕弘一先生の戦後の食糧不足を解決するために“海を耕す”との理念の基に1948年に誕生した。その後、戦後の復興が急速に進み、高度経済成長期に入った国民の水産物需要に応じるために、近大水研は高級魚種(ブリ類、マダイ、ヒラメ、シマアジ、クロマグロ、クエなど)の増養殖研究に取り組んできた。

 近大水研の海面魚類養殖研究の歴史は、世耕弘一総長の命を受け、1953年に赴任した原田輝雄(第2代所長)から始まり、原田の養殖理念は現在も引き継がれ、水研の根幹を成している。その理念とは「天然種苗に依存しない人工種苗による持続可能な養殖」の実現である。

1960年に、当時は海産魚のふ化からの飼育技術は開発されてなかった中でブリの人工種苗養殖にいち早く取り組んだが失敗の連続であった。しかし、海産仔魚の初期の生物餌料として有効なプランクトン、シオミズツボワムシの普及により、1968年に世界初となるブリ人工種苗の生産と翌年には養殖にも成功した。また、養成したヒラメ、マダイ、ブリ親魚からの採卵、人工ふ化にも成功し、さらに、ヒラメ、イシダイおよびマダイの完全養殖にも成功している。1970年には水産養殖種苗センターを開設し、成魚養殖から人工種苗生産に関する研究とその販売へ事業転換を進めた。このような中で国内養殖に大きな影響を与えた主な成果として以下の二つを挙げることができる。(二つ以外の成果については講演内で紹介する)

@ マダイ成長選抜育種の成功 1973年ころから成長の早い近大マダイの作出に成功し、種苗販売を開始。優れた種苗であることが広まり、それまでの天然種苗の養殖から人工種苗養殖への転換と増産に貢献

A 32年目の0.0006%の奇跡-完全養殖クロマグロの成功 人工種苗化による「近大マグロ」の誕生

近年、国は養殖業の成長産業化と天然資源に負荷をかけない持続可能な養殖体制の構築のために人工種苗の重要性を示し、2050年までにニホンウナギ、クロマグロ等の養殖において人工種苗比率100%を実現することとしている。この現状を近大マグロ普及の追い風とするために更なる近大水研のたゆまぬ研究努力が求められている。

本講演では、近大水研の創設から現在までの養殖研究史を辿りながら、近大マグロの位置づけと他魚種に比べた技術的な難しさや現状と今後の課題などについて紹介する。

 

 

 

 

  

JABE77大阪大会